ホーム » 注意点 » 包茎手術の最中の痛みは麻酔のおかげで緩和されている

包茎手術の最中の痛みは麻酔のおかげで緩和されている

局所麻酔を打つことで包茎手術の痛みは大幅軽減

念願の包茎手術に踏み切ることにはなったもの、最中の痛みは耐えられるのかどうか、不安を感じる人は少なくありません。ただでさえも体の中で最もデリケートな部位であり、ぶつけたり些細な衝撃でも痛いと思うことがあります。心配の種ともなる包茎手術の痛みに関しては、麻酔を使うことで緩和されるため、大きな不安を持つ必要はありません。

包茎手術に入る前に麻酔をすることで、ダイレクトに痛いと感じることはないです。局所麻酔を用いる場合は、男性器の根元部分に注射を使用して打ちますが、若干針を刺す際には痛いと思うこともあるかもしれません。わずかなチクリとした痛い感覚は、我慢できないレベルではないですし、あっという間に終わります。このワンステップを行うことで、包茎手術の痛みがだいぶ軽減をされると思えば、注射をすることは大きなネックにはなりません。むしろ局所麻酔をすることで、痛いという不安を持つ必要がなくなるので、安心して手術を受けることができます。

痛み止めなどを利用して術後の痛みにも対処

注射器を使用しての局部麻酔をはじめ、痛みに弱い人であれば表面麻酔をしたうえで、皮膚表面の感覚を鈍くしてから注射をすることもできます。シールタイプやスプレータイプの表面麻酔もあるので、痛みにとても弱いなら選択肢の一つです。麻酔をすることで包茎手術時には、かなり痛みは少なくなりますが、術後の痛みを不安に感じる人も多くあります。

術後の痛みの不安もクリニックで相談をすることであり、必要に応じて自宅で使用できる、局所麻酔ゼリーなどの処方などの対処があるためです。手術中は痛みはほとんど感じずに快適ですが、術後には痛みを感じることがあります。ですがクリニックから痛み止めの薬などを処方してもらうことができるので、お薬を飲みながら痛みを軽減させて完治を目指すことが可能です。利用をする医療機関により、痛いという不安にどのような対処をするかは様々ですが、痛み止めを処方してくれるクリニックがほとんどなので、術後の痛みも心配はありません。

まとめ

男性特有のお悩み解消に包茎手術は大きな効果を発揮しますが、手術で痛い思いをするのは誰だって避けたいことです。手術には痛みがつきものですが、手術の最中に関しては麻酔を使用するため、だいぶ痛い感覚は軽減されます。緩和をされるのは手術の最中ですが、術後に麻酔が切れた後の不安も誰もが頭をよぎることです。基本的に術後の痛みに備えてほとんどのクリニックでは、痛み止めを処方する対処を取りますので、術後のことも心配はありません。

人気記事ランキング

包茎手術の痛みを緩和するために術後に処方される薬

包茎手術は様々な痛みが伴うことがある 包茎手術は陰茎を包んでいる包皮を切除する手術ですので、包茎手術の傷そのものも痛みの原因になります。しかし、これまでは露出してこなかった亀頭が下着に触れると敏感な部位ですので痛い、と感 … 続きを読む

包茎手術の痛みを緩和するために術後に気を付けること

患部に刺激を与えないようにする 包茎手術自体は麻酔を施した状態で行うので痛いと感じることはありませんが、包茎手術後の日常生活において患部が痛いことはあります。術後1週間程度は刺激に弱い状態ですので、違和感があり痛い場合は … 続きを読む

包茎手術で痛いのは術後の期間

包茎手術中は完全に無痛です 包茎手術では、男性器の余分な包皮をカットします。デリケートな部分をカットするなんていうと、とても痛い思いをしそうで怖いと感じる人も少なくありません。しかし、包茎手術自体はそんなに難しい手術では … 続きを読む

包茎手術の最中の痛みは麻酔のおかげで緩和されている

局所麻酔を打つことで包茎手術の痛みは大幅軽減 念願の包茎手術に踏み切ることにはなったもの、最中の痛みは耐えられるのかどうか、不安を感じる人は少なくありません。ただでさえも体の中で最もデリケートな部位であり、ぶつけたり些細 … 続きを読む

包茎手術は痛いのか?術後の痛みとの付き合い方

包茎手術を受けるうえで最大の悩みといえば痛さかもしれません。切開をするので痛みが発生するのは当たり前のことですが、麻酔で痛みは抑えられます。ここでは包茎手術の痛さの程度、術後の付き合い方や安静にする必要性などについて説明 … 続きを読む