ホーム » 注意点

注意点」カテゴリーアーカイブ

包茎手術の痛みを緩和するために術後に処方される薬

包茎手術は様々な痛みが伴うことがある

包茎手術は陰茎を包んでいる包皮を切除する手術ですので、包茎手術の傷そのものも痛みの原因になります。しかし、これまでは露出してこなかった亀頭が下着に触れると敏感な部位ですので痛い、と感じてしまう可能性もあるかもしれません。術中に効かせる局所麻酔は1時間から2時間程度で切れてしまうので、痛いと自覚するのは包茎手術を受けた日の夕方から夜ということになります。
そういった術後の痛みを緩和させるために、痛み止めが処方されます。多くの場合は消炎鎮痛剤ですが、完全に痛みを抑えることは出来ません。ズキズキする痛い陰茎を少し忘れられる程度の効果しか無いと思ったほうがいいでしょう。また、こういった痛み止め副作用には胃腸へのダメージが挙げられるので、同時に胃薬も処方されているはずです。痛い傷口の症状を緩和するために胃潰瘍を作らないため、胃薬もきちんと併用しながら術後の痛い時期を乗り切りましょう。

感染も痛みの原因となるので清潔に保つことも大事

包茎手術後の合併症で最も怖いのは感染症です。手術した傷口から雑菌が侵入することによって傷口に炎症が起こり、何もしなくても痛い陰茎がさらに熱を持ったようになり、痛みも感じることになります。そのため、包茎手術後は陰茎を清潔に保ち、出来るだけ濡らすことを避けるなどの対策が必要ですが、感染に備えて病院から抗菌薬が処方されることがあります。
包茎手術の傷口がある程度閉じてくるのは2週間後くらいだと言われており、陰茎への刺激を避けなければならないのは4週間前後だと言われています。術後の管理はその病院によって異なりますが、抗菌薬は1週間から2週間程度飲み続けられるよう処方されるのが一般的です。傷口が閉じ切っていない時期に感染してしまうと傷口が閉じるのが大変遅くなってしまうために、その期間をフォロー出来るように抗菌薬を処方されることが多いのですが、抗菌薬を飲み切ったとしても感染には注意して陰茎の状態を管理していきましょう。

まとめ

包茎手術の後は様々な要因で痛みを感じることがあります。完全に痛みを取りきることは出来ませんし、日常生活の中で痛い、と感じることもあるかもしれませんが、上手く術後の痛い時期を乗り切るために様々な薬が処方されることになります。抗菌薬も含まれていることも少なくないため、しっかり処方された分は飲み切る、ということを徹底することで、キレイに早く包茎手術の傷が治ってくれることでしょう。1か月前後の辛抱をしっかり乗り切りましょう。

包茎手術の痛みを緩和するために術後に気を付けること

患部に刺激を与えないようにする

包茎手術自体は麻酔を施した状態で行うので痛いと感じることはありませんが、包茎手術後の日常生活において患部が痛いことはあります。術後1週間程度は刺激に弱い状態ですので、違和感があり痛い場合は患部に刺激を与えないように気を付けるべきです。

痛いという刺激を緩和させるために意識すべきこととしては、自転車やバイクに乗ったりなど包茎手術をした部分に直接刺激が加わるような行動をしない、包茎手術をしたら術後3週間くらいは性行為やマスターベーションはしないようにする、激しい運動は痛みの原因となるので術後1週間が経過してからにするなどがあります。

炎症を起こして痛いと感じることもありますので、包茎手術後は患部を清潔に保つということも心がけましょう。患部をいたわりながら過ごすことが、痛み緩和への近道となります。我慢できないほどの強い痛みが出てしまった場合は、包茎手術を受けたクリニックのドクターに相談してみましょう。

日常生活において気を付けるべきこと

包茎手術をしてから1週間程度は痛みが出やすいですので、緩和させるためには日常生活にもそれなりの配慮が必要です。

日常生活の中で気を付けるべきこととしては、アルコールは刺激物であるため術後1週間程度はお酒を飲まないようにする、辛い食べ物も患部への刺激になるのでなるべく控える、入浴はシャワーのみにして浴槽のお湯に浸かるのは術後2週間以上が経過してからにするなどがあります。

デスクワークなどの仕事は手術を終えた直後から普通に行うことが出来ますが、肉体労働の場合は十分な注意が必要です。自転車やバイクは患部に刺激を与えてしまうのでNGですが、車の運転はOKです。

包茎手術を受けた後は食事や運動や入浴などの制限が生じますので、とにかく患部を保護しながら安静に過ごすことが大事です。痛みが出ないように安全で安心な生活を送りたい場合は、手術日を含めて1週間くらい休暇を取得するのが良いでしょう。

まとめ

包茎手術を行った後の痛みを抑えるためには、患部に刺激を与えない生活を送ることが重要になるということがわかったのではないでしょうか。クリニックのアフターフォローは万全ですので、強い痛みに我慢できなくなってしまった場合や術後1週間が経過しても患部に違和感がある場合は、放置せずにすぐにドクターに伝えましょう。患部をいたわりながら安静に過ごせるようにするためには、スケジュールを確認して手術を受けるタイミングを間違えないようにすることも大事です。

包茎手術で痛いのは術後の期間

包茎手術中は完全に無痛です

包茎手術では、男性器の余分な包皮をカットします。デリケートな部分をカットするなんていうと、とても痛い思いをしそうで怖いと感じる人も少なくありません。しかし、包茎手術自体はそんなに難しい手術ではありませんし、痛みもまったくないです。手術をする際は必ず麻酔を使いますから、痛みも何も感じません。手術台の上に1時間程度寝ていれば、いつの間にか手術は終わってしまいます。

包茎手術を受けた人のほとんどは、手術を受けた感想として「拍子抜けするほど楽だった」とか「全然痛い思いはしなかった」と言います。このように包茎手術自体は痛い思いをすることもなく、あっという間に終わってしまうものです。ただし、包茎手術で使った麻酔が切れてくると痛みが出てくることは否定できません。包茎治療で忍耐が必要になるのは、実はこの手術後から傷が回復するまでの期間なのです。包茎手術経験者は口を揃えて手術そのものよりも術後が大変だったと言います。

包茎手術を受けた直後の数日が一番辛い

包茎手術自体は麻酔が施されるので痛みはまったくありませんが、麻酔が切れてくると徐々に痛みが出てきます。特に痛い期間は、手術を受けた日から3〜4日後くらいまでになります。この期間は、ズキンズキンとペニスに鈍痛が走り続けるかもしれません。病院で処方してもらえる痛み止めの薬などを服用しながら、なるべく安静にしているのが一番です。

もっとも、痛いといってもそんなに耐えられないほどではないので、仕事に行ったりすることもできますが、患部をどこかにぶつけたりするとかなりの痛みが走りますし、傷口が開いてしまう可能性もあるので、なるべく静かにしていた方が無難です。それから、健康な若い男性なら誰でも行うマスターベーションですが、包茎治療後から傷がほぼ回復する2〜3週間後くらいまではやってはいけません。2〜3週間も性欲を我慢するのはなかなか厳しいですが、傷口が開いたりするのを防ぐためにも耐え忍ばなければいけません。

まとめ

包茎手術で辛いのは手術自体ではなく、手術の後の回復するまでの期間です。手術中は麻酔が効いているので痛みは全然ありませんが、麻酔が切れた後は痛みに耐える必要があります。特に痛むのが手術後3〜4日くらいまでで、この期間はかなりストレスを感じるかもしれません。包茎手術は入院などをする必要は基本的になく、術後すぐに仕事もできますが、できれば術後3〜4日間は自宅で静かに過ごすことが推奨されます。ちなみにマスターベーションは傷が完治するまで厳禁です。

包茎手術の最中の痛みは麻酔のおかげで緩和されている

局所麻酔を打つことで包茎手術の痛みは大幅軽減

念願の包茎手術に踏み切ることにはなったもの、最中の痛みは耐えられるのかどうか、不安を感じる人は少なくありません。ただでさえも体の中で最もデリケートな部位であり、ぶつけたり些細な衝撃でも痛いと思うことがあります。心配の種ともなる包茎手術の痛みに関しては、麻酔を使うことで緩和されるため、大きな不安を持つ必要はありません。

包茎手術に入る前に麻酔をすることで、ダイレクトに痛いと感じることはないです。局所麻酔を用いる場合は、男性器の根元部分に注射を使用して打ちますが、若干針を刺す際には痛いと思うこともあるかもしれません。わずかなチクリとした痛い感覚は、我慢できないレベルではないですし、あっという間に終わります。このワンステップを行うことで、包茎手術の痛みがだいぶ軽減をされると思えば、注射をすることは大きなネックにはなりません。むしろ局所麻酔をすることで、痛いという不安を持つ必要がなくなるので、安心して手術を受けることができます。

痛み止めなどを利用して術後の痛みにも対処

注射器を使用しての局部麻酔をはじめ、痛みに弱い人であれば表面麻酔をしたうえで、皮膚表面の感覚を鈍くしてから注射をすることもできます。シールタイプやスプレータイプの表面麻酔もあるので、痛みにとても弱いなら選択肢の一つです。麻酔をすることで包茎手術時には、かなり痛みは少なくなりますが、術後の痛みを不安に感じる人も多くあります。

術後の痛みの不安もクリニックで相談をすることであり、必要に応じて自宅で使用できる、局所麻酔ゼリーなどの処方などの対処があるためです。手術中は痛みはほとんど感じずに快適ですが、術後には痛みを感じることがあります。ですがクリニックから痛み止めの薬などを処方してもらうことができるので、お薬を飲みながら痛みを軽減させて完治を目指すことが可能です。利用をする医療機関により、痛いという不安にどのような対処をするかは様々ですが、痛み止めを処方してくれるクリニックがほとんどなので、術後の痛みも心配はありません。

まとめ

男性特有のお悩み解消に包茎手術は大きな効果を発揮しますが、手術で痛い思いをするのは誰だって避けたいことです。手術には痛みがつきものですが、手術の最中に関しては麻酔を使用するため、だいぶ痛い感覚は軽減されます。緩和をされるのは手術の最中ですが、術後に麻酔が切れた後の不安も誰もが頭をよぎることです。基本的に術後の痛みに備えてほとんどのクリニックでは、痛み止めを処方する対処を取りますので、術後のことも心配はありません。

人気記事ランキング

包茎手術の痛みを緩和するために術後に処方される薬

包茎手術は様々な痛みが伴うことがある 包茎手術は陰茎を包んでいる包皮を切除する手術ですので、包茎手術の傷そのものも痛みの原因になります。しかし、これまでは露出してこなかった亀頭が下着に触れると敏感な部位ですので痛い、と感 … 続きを読む

包茎手術の痛みを緩和するために術後に気を付けること

患部に刺激を与えないようにする 包茎手術自体は麻酔を施した状態で行うので痛いと感じることはありませんが、包茎手術後の日常生活において患部が痛いことはあります。術後1週間程度は刺激に弱い状態ですので、違和感があり痛い場合は … 続きを読む

包茎手術で痛いのは術後の期間

包茎手術中は完全に無痛です 包茎手術では、男性器の余分な包皮をカットします。デリケートな部分をカットするなんていうと、とても痛い思いをしそうで怖いと感じる人も少なくありません。しかし、包茎手術自体はそんなに難しい手術では … 続きを読む

包茎手術の最中の痛みは麻酔のおかげで緩和されている

局所麻酔を打つことで包茎手術の痛みは大幅軽減 念願の包茎手術に踏み切ることにはなったもの、最中の痛みは耐えられるのかどうか、不安を感じる人は少なくありません。ただでさえも体の中で最もデリケートな部位であり、ぶつけたり些細 … 続きを読む

包茎手術は痛いのか?術後の痛みとの付き合い方

包茎手術を受けるうえで最大の悩みといえば痛さかもしれません。切開をするので痛みが発生するのは当たり前のことですが、麻酔で痛みは抑えられます。ここでは包茎手術の痛さの程度、術後の付き合い方や安静にする必要性などについて説明 … 続きを読む