包茎手術は痛いのか?術後の痛みとの付き合い方


包茎手術を受けるうえで最大の悩みといえば痛さかもしれません。切開をするので痛みが発生するのは当たり前のことですが、麻酔で痛みは抑えられます。
ここでは包茎手術の痛さの程度、術後の付き合い方や安静にする必要性などについて説明しています。
包茎手術の不安が解消されれば、治療を受けたいと考える男性は増えるはずです。
包茎の悩みは自分自身で解決できませんし、放置しておくと性生活の質を低下させます。
快適に生活をするためにも、包茎手術後の痛みとの付き合い方を把握しておきましょう。
もちろんクリニック選びも重要なポイントになります。

 

包茎手術では麻酔を使うのでほとんど痛みはない

陰茎はこの上なく敏感であり、包茎の男性だと指で亀頭に触れるだけで痛いと感じることが多いようです。
それが手術でメスを入れるとなれば激痛を感じると思うのは自然でしょう。
ただ包茎手術のときは麻酔を使用しますので、手術中にはほとんど痛みを感じないという人が多いです。痛みの感じ方には個人差がありますが、我慢できないほど強いものではありません。
そもそも麻酔は痛みを抑えるために使用するものですから、麻酔を使用しながら激痛を感じていては意味がないでしょう。
ただ麻酔注射を打つときに関しては、チクリとした痛みを感じるのが普通です。
注射針は極細であるほど痛みが弱いため、クリニックが使用している注射針によって痛みの度合いは変わってきます。
包茎手術の料金を高めに設定しているクリニックは、麻酔を徹底しているところが多いです。
当然ながら麻酔料金は無料ではなく、高度な麻酔を採用しているところは料金に反映されてきます。
痛みを抑えるためには激安のクリニックを探すよりも、麻酔技術の高いクリニックを選ぶことに着目しましょう。
こうしたクリニックは技術が高く、術後の状態が安定する傾向があります。
手術から性行為ができるまでの期間を快適に過ごせるように、クリニック選びは慎重に行ってください。

痛みとの付き合い方を知って快適に過ごそう

包茎手術自体はあまり痛くないという声が多いですが、麻酔が切れると鈍痛を覚える人が少なくありません。
亀頭がジンジンするという話が多いですが、痛み激しくなってきた場合は経口薬で抑えるのが一般的です。
術後の痛みと上手な付き合い方を知ることで、苦痛を最小限に抑えられます。
痛みの感じ方は個人差が大きいので、ほとんど感じないという人もいます。
もちろんクリニックの技術力や施術方法も関係してきますので、一概にどの程度の痛みが発生するのか断言することはできません。
ひとつ言えることは身体が緊張していたり、敏感になったりしているときは、刺激を強く感じやすいことです。
包茎手術から日数が経過して傷口がふさがってくれば、痛いと感じることは少なくなるでしょう。
痛いのを我慢するのはストレスになりますので、痛み止めの薬は我慢せずに使用してください。
痛いと感じるときは腫れも発生していることが多いですが、腫れが引いてくれば同時に痛みも引いていくことが多いです。
いずれにしても手術から日数が経過すれば、次第に違和感も軽減していくでしょう。
ダウンタイムを軽減させるためには、激しい運動を避けるのがポイントです。茎手術は痛いのか?

術後は安静にしておくのが得策です

包茎手術だけでなく手術全般に言えることは、施術後にダウンタイムが発生することです。
痛みや腫れなどが発生しますが、これらの症状は血行がよいと強く出ることが多いです。
それゆえ施術後はハードな運動、熱めのお風呂などは避けるように指導を受けるわけです。
血行がよくなっていると傷跡が安定するまで時間がかかりますので、しばらくは安静に過ごすようにしてください。
身体に大きな負荷を与えないことが好ましいですし、ストレスがかかる習慣も好ましくありません。
自律神経を安定させるためにも、早寝早起きは意識したいところです。
心身のバランスが崩れていると、通常より痛みが長く続いてしまう可能性があります。
身体が敏感になると痛いと感じやすく、また鈍痛が長く続くケースもあります。
いずれにしても包茎手術を受けたあとは、医師の指示に従って安静に過ごしてください。
心がリラックスしているときは刺激に対して強くなっているため、痛いと感じる状況が減るはずです。
あとは必要以上に意識をしないことが大切で、一番よいのは包茎手術をしたことを忘れることです。
考えすぎることが痛みに直結するケースは多いので、包茎手術のことは頭から消してください。

まとめ

包茎手術をする前には麻酔を使用するので、思いのほか痛さは感じないでしょう。
麻酔の種類にもよりますが、ほとんど痛いと感じない人もいるのです。
ただ痛さの感じ方には個人差がありますので、実際に施術を受けてみないと詳細を判断するのは難しいです。
術後に快適に過ごすためには、痛みとの付き合い方を知っておく必要があります。
術後に無理をすると身体に負担をかけて、傷の治りを遅らせてしまう可能性があるので注意してください。
安静に生活をすることが術後の状態を良好にするポイントです。特に血行を促進させるような習慣は避ける必要があります。

おすすめクリニック
痛みを感じることなく包茎手術を行います
ご不明な点はメンズサポートクリニックへご相談を

人気記事ランキング

包茎手術の痛みを緩和するために術後に処方される薬

包茎手術は様々な痛みが伴うことがある 包茎手術は陰茎を包んでいる包皮を切除する手術ですので、包茎手術の傷そのものも痛みの原因になります。 しかし、これまでは露出してこなかった亀頭が下着に触れると敏感な部位ですので痛い、と … 続きを読む

包茎手術の痛みを緩和するために術後に気を付けること

患部に刺激を与えないようにする 包茎手術自体は麻酔を施した状態で行うので痛いと感じることはありませんが、包茎手術後の日常生活において患部が痛いことはあります。術後1週間程度は刺激に弱い状態ですので、違和感があり痛い場合は … 続きを読む

包茎手術で痛いのは術後の期間

包茎手術中は完全に無痛です 包茎手術では、男性器の余分な包皮をカットします。 デリケートな部分をカットするなんていうと、とても痛い思いをしそうで怖いと感じる人も少なくありません。 しかし、包茎手術自体はそんなに難しい手術 … 続きを読む

包茎手術の最中の痛みは麻酔のおかげで緩和されている

局所麻酔を打つことで包茎手術の痛みは大幅軽減 念願の包茎手術に踏み切ることにはなったもの、最中の痛みは耐えられるのかどうか、不安を感じる人は少なくありません。ただでさえも体の中で最もデリケートな部位であり、ぶつけたり些細 … 続きを読む

包茎手術は痛いのか?術後の痛みとの付き合い方

包茎手術を受けるうえで最大の悩みといえば痛さかもしれません。切開をするので痛みが発生するのは当たり前のことですが、麻酔で痛みは抑えられます。 ここでは包茎手術の痛さの程度、術後の付き合い方や安静にする必要性などについて説 … 続きを読む